×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車両保険は免責額に注意

車両保険は免責額に注意

車両保険は免責額に注意

自動車保険は基本的に交通事故などを起こした時に相手の「人間」や自動車や壁など「もの」に対して補償するというものです。

 

いわゆる対人保険、対物保険というものがそれで、その2つの保険をベースとして自分なりの自動車保険というものを作り上げていくわけです。

 

しかし、交通事故というのは相手を死亡させてしまったり怪我をさせてしまったり、何かを壊してしまったりという事だけではなく、それくらいの交通事故となると必ず自分の方に何らかの被害が出ているはずです。

 

そのような相手ではなく、自分側の損害も補償してくれるというものも自動車保険には用意されています。

 

搭乗傷害保険や人身傷害保険などがそれにあたるのですが、それらは全て「人間」に対してのものです。車体などの対する補償は、また別に車両保険というものに加入する必要があります。

 

ただ、この車両保険、場合によってはベースとなっている保険よりも保険料が高くなることもあり、なかなかそこまで加入する方というのも多くはないのです。

 

しかし、通販型自動車保険では車両保険の比較的安く加入できるような形で宣伝されていますが、そこの落とし穴があります。

 

だいたい安い金額で加入できる車両保険には、免責額や条件範囲が設定されているのです。ですから、フルで車体を補償してもらうにはもう少し高い保険料になることを想定しておきましょう。