×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車両保険を高いとみるか安いとみるか

車両保険を高いとみるか安いとみるか

車両保険を高いとみるか安いとみるか

自分の車を守るために保険が車両保険というものですが、一般的な対人・対物保険などと比べると保険料がかなり高くなるのが玉にキズです。

 

車両保険は、対象車両の危険度と補償する金額によって保険料が割り出されます。

 

時に車両自体の危険度による保険料の違いは大きく、同じような販売価格の車でも、大衆車と巣ポートモデルとでは10万円単位で保険料の差額が生まれてきます。

 

危険度というのはそれまでに同じ車両がどれだけ事故を起こしてきたか、保険金を支払ってきたかという損害保険会社独自の調査や統計によって決められており、比較的落ち着いた年齢層が運転するカローラなどでは危険度が低いとみられ、逆に若者が無茶をするような小型スポーツモデルや無駄にハイパワーエンジンを搭載するトヨタレクサスの上級モデルなどでは危険な車として扱われます。

 

更に盗難被害が多い車種も高額な保険金となることが多く、ハイエースやインプレッサ、ランサーエボリューションなどではビックリするほどの保険料か、中には車両保険を断られる場合もあるほどです。

 

そこでこの高い車両保険の保険料をどう見るかです。

 

高い保険金を支払ってまでも安心を得たいのか、それらは自分でキチンと管理するから車両保険を必要としないのか、その価値観が車両保険に加入するしないを決めるポイントだと思います。

 

車両保険に加入していいても使わない人は全く使わないが、一度でも使うと何回も使うという傾向があるようですので、自分がどちらに属するのか判断すると良いでしょう。